chef-soloで環境構築-第1回 VirtualBoxとCentOS

自社サービスをリリースするにあたって、サーバ環境の構築をすぐにできるように、chef-soloを使おうと思います。

その手順をまとめてみました。

第1回目は前準備として、VirtualBoxを利用したテスト環境を構築します。

長くなるので、テスト環境の構築も何回かに分けたいと思います。

まず今回は

  1. ローカル環境内にVirtualBoxをインストールする
  2. CentOSのイメージをダウンロードする

までを行いたいと思います。

VirtualBoxは仮想マシンのことで、要はパソコン(例えばmac)の中に別のOS環境を入れることができるものです。

環境

ローカル環境: MacOS X 10.9

VirtualBox: 4.3.2

VirtualBoxにインストールするOS: CentOS6.4

VirtualBoxのダウンロードとインストール

こちらからダウンロードできます。

インストールはウイザードに従えば迷うことはないはずです。

VirtualBox新規作成

VirtualBoxを起動するとOracle VM VirtualBoxマネージャーが立ち上がります。

新規ボタンをクリックして、環境を作っていきます。

VirtualBox説明1

ウイザード画面1: 名前とオペレーティングシステム

名前: 分かりやすい名前をつけて下さい。僕はとりあえず開発環境としました。

タイプ: Linux

バージョン: Red Hat(64bit)

VirtualBoxウイザード1

ウイザード画面2: メモリーサイズ

メモリサイズの割り当ては環境に左右されると思いますが、僕は1024MB(1G)割り当てました。

VirtualBoxウイザード2

ウイザード画面3: ハードドライブ

仮想ハードドライブを作成するにチェックを入れます。

VirtualBoxウイザード3

ウイザード画面4: ハードドライブのファイルタイプ

ここはデフォルトのVDIを指定しておきます。

VirtualBoxウイザード4

ウイザード画面5: 物理ハードドライブにあるストレージ

少しでもさくさく動いてほしいので、固定サイズにしました。

VirtualBoxウイザード

ウイザード画面6: ファイルの場所とサイズ

ファイルの場所: 開発環境(これは最初に入力した名前のままでいいと思います。)

サイズ: 僕は20GBにしました。

VirtualBoxウイザード6

作成ボタンをクリックすると、左側に開発環境の枠ができていると思います。

まだcentOSは入っていません。

なので、今度はインストールするCentOSをダウンロードしてきます。

CentOSのダウンロードとインストール

こちらからCentOSのイメージをダウンロードします。

Downloads -> Mirrors

CentOSダウンロード

画面中央のCentOS Public Mirror Listをクリック

CentOSダウンロード2

South American, Asian, Oceania, Middle Eastern, African and Other Regional Mirrorsをクリック

CentOSダウンロード3

あとはJapanの任意の場所からCentOSのイメージを探します。

僕はとりあえずInternet Initiative Japan Inc.から落としてきました。

僕は64bit版のイメージが欲しかったので、pub/linux/centos/6.4/isos/x86_64/にあるCentOS-6.4-x86_64-netinstall.isoを落としてきました。

さて、いよいよVirtualBoxにCentOSをインストールしますが、それはまた次回にしたいと思います。

Recent Posts

Archive