もうすぐ参議院選挙ですが・・・

みなさん、ご機嫌いかがでしょうか?

猛暑が続いているので熱中症にならないようこまめに水分補給を摂りましょう!

さて、7月21日は参議院選挙の投票日ですが、みなさん、行かれます?

もちろん僕は行きますよー!

しかしながら、すごく恥ずかしい話なんですが、そもそも参議院って何のためにあるの?ってあまり参議院の存在意義を理解していません(日本国民&いち社会人として恥ずかしい限りです)。

そこで今回は投票する前にそのあたりをきちんと理解してから投票しようと思い、理解したことをみなさんと共有しようかなと思います。

まず一言で参議院を表すと、

それは、ストッパー

僕はこの言葉につきるかと思います。
ではなぜ参議院はストッパーなのでしょうか?

とその前に超簡単に参議院の諸情報を衆議院と比較して列挙したいと思います。

参議院と衆議院の知ってて当たり前情報

任期

  • 衆議院:4年
  • 参議院:6年

衆議院のほうが任期が短いので何かとその時代に合った政策を実施することができるみたいですねー。
というわけで衆議院のほうが強い権限が与えられています(衆議院の優越と言う)

議席数

  • 衆議院:480人
  • 参議院:242人

選挙区

  • 衆議院:小選挙区制(300区)、比例代表制
  • 参議院:選挙区制(各都道府県に1区)、比例代表制

他にも被選挙権の違いもありますが、ま、そこらへんはあまり僕的にどうでもいいかなと思い書きません。

さて、参議院がストッパーってどういうこと?

衆議院で決めた法案を参議院が違う視点でそれが本当に妥当なのか審査しちゃいます。
だから衆議院で無茶苦茶な法案が通ったとしても参議院で改めて見直されてその是非を決めるわけです。
だからストッパーなんですね。

衆議院と参議院とねじれ国会

ちなみによくニュースでねじれ国会ってのを聞いたことがあるかと思うのですが、
このねじれ国会ってのは衆議院と参議院の第一党(もっとも議席数が多い党(与党))が
それぞれで異なることを意味しています。

例えば、衆議院は自民党で、参議院は民主党みたいな感じ。
ねじれ国会が問題視されている傾向があります。

それは何故かというと、参議院が別の党になるため、衆議院で議決された法案がなかなか通らないってことになります。
これが政治の停滞を生じさせ、国民の声をすぐに反映させることが難しくなります。

けど、これが本当の衆議院と参議院の役割をきちんと果たしているのじゃないかなと思います。
舛添要一さんもねじれ国会は問題すべきことではなく、これが本来の形として言ってはります。
世論でもねじれ国会は正しい形という意見が多いようです。

最後に

ま、このように参議院と衆議院の二院制によって政治のバランスを取ろうとしているわけですね。

こんな感じである程度は参議院の存在意義についてざっくりとですが理解することができたつもりです。
その上で各党の施策を理解し、投票に行こうと思います。

Recent Posts

Archive